>  > 真剣な子だからこそ燃えたんです

真剣な子だからこそ燃えたんです

あれだけ真剣に頑張ってくれる風俗嬢なんです。満足感が高いのはある意味で当然かなって思いますよね。テクニックもそれなりにありましたけど、あれだけ真剣に頑張ってくれると上手いか下手かという話ではないですね。快感だけではなく、男心を刺激してくれるような真剣なプレイには心から満足感でいっぱいになりました。結局風俗にしても、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」って言葉もありますけど、相手次第な所があると思うんですよ。自分のお気に入りの子相手であれば何をされてもそれはそれで嬉しいと思うんですけど、まだ信頼関係が出来ていない状態であれば、やっぱり行為そのものに対してどうしても警戒感だったり、気持ちではなく行為そのものに対して気持ちが動いてしまうじゃないですか。そうじゃないんですよね。風俗も基本的には人間同士のプレイというか、信頼感があってこそのものだと思うので、あれだけ真剣な表情を見せてくれたらそれだけで嬉しいものですよ。

見せ場と言えばやっぱり攻めですかね

風俗では男側に見せ場なんてそうそうないと思うんですよね。主役は男だと思いますけど、わき役である風俗嬢がどれだけ頑張るのかがカギというか、それが風俗というものだと思うんですけど、でも男だって攻めに回った時はある意味自分の腕の見せ所でもあるんじゃないですかね。ただ、あまり力みすぎるのはよくないかなって思っています。これは風俗嬢と話しているとよく出てくるんですけど、頑張ってくれるのはありがたいけど、でも痛いケース多いと。まぁ力任せにしたら相手だって痛いって思うのは当たり前ですよね。ただ、興奮していると細かいことを忘れてどうしても力任せになってしまうのも分からなくはないんですよね。だから風俗ではいかに冷静になれるのかもポイントになってくるのかなと(笑)特に女の子を攻めたいって思っているのであれば、熱中して力んでしまうのではなくて、あくまでも冷静に、そして的確に、さらには優しくするようにとは思っています。

[ 2016-12-15 ]

カテゴリ: 風俗体験談